桜東風

APE100とKZ1000RとSS1000とV7のこと、その他の趣味のこと。独り言。

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

プロフィール

kerokero

Author:kerokero
バイクは空冷が好き
2発&4発
太く長く楽しみます

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミヤ&エデュ Fw190 D-9 その3

うむむ。連休にちょっと時間ができたので集中して製作モードしていたのですが。
思った以上に進まない・・・けっこう手こずってます

まずは胴体の整形の際に削り取った部品の再生から。

◆ロンジロンの補強パッチ4枚とアンテナ線取付け基部。
48_fw190d9_52.jpg
ドーラは液冷になってエンジン重量が増加したため、それを支える胴体側に補強が加えられてます。
ちょうどコクピット辺りに補強パッチがあるのですが、タミヤのキットはパッチのエッジがぬるいのでプラ板を切り出して作り直ししました。
垂直尾翼の上に付くアンテナ線の取付け基部は、強度と加工性を考えて真鍮線を芯にプラ板の積層で。

◆サフ吹き&研ぎ出し
スジ彫りや整形がひと通り済んだら白サフ吹いて表面チェック。
48_fw190d9_53.jpg
今のところ「サフ→修正、研ぎ出し→サフ→修正、研ぎ出し・・・」の無限ループを3回ほど繰り返したところです。あと一回くらいで完了かな。
同じところを何回もスジ彫りし直したり、ドツボにはまってたけどようやく終わりが見えてきたデス
あ、研ぎ出しは1000番の耐水ペーパーで撫でるようにね

◆シートベルト取り付け
48_fw190d9_54.jpg
エデュの色付きエッチングのシートベルトを使用。
細かいとこまで再現されてて、ええ感じ。
でも素材が硬くて、シートとの馴染みがいまいち。自然な感じにするのはちょっと難しいかな。
焼き鈍ししてあげればいいんだろうけど、色付きエッチングでやっちゃっても大丈夫かな?

次回、胴体とコクピット合体な予定~

【今日のワンポイント】
・ロンジロン(@Wiki)
ストリンガ(縦通材): 胴体の長手方向の曲げ荷重を主に受け持つ部材。小型機でも数本、大型機では円周上に何十本も配置される。特に強度の大きなものはロンジロンと呼ばれる。

COMMENT▼

いっきにきましたね!

やはり、レシプロ機はコクピットのベルトが肝ですね!!

一進一退の攻防戦です(笑

ベルト省略なキットが多いですよね。
できればベルトも含めて from in the BOX で完結してほしいです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK▼

http://kerokero394.blog5.fc2.com/tb.php/1032-3eb121c6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。