桜東風

APE100とKZ1000RとSS1000とV7のこと、その他の趣味のこと。独り言。

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

プロフィール

kerokero

Author:kerokero
バイクは空冷が好き
2発&4発
太く長く楽しみます

月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tamiya Wespe その4

前回までで、戦闘室の組み立てまで済んだので装甲板の溶接跡をエポキシパテで表現してから。。。
wespe030.jpg

戦闘室をマスキングしてあげて、ダークイエローを全体にぶわーっと吹いてあげます。
wespe031.jpg

wespe032.jpg

お次はダークグリーン。
wespe033.jpg

wespe034.jpg

wespe035.jpg

wespe036.jpg

wespe037.jpg
エアー圧の調整ができないので、荒いです。。。
リカバリーしてから細かい塗り分けに進みますね。
スポンサーサイト

Tamiya Wespe その3

塗装前の下準備です。プライマーを筆塗りして白サフ吹いて下地チェック&修正をしました。
wespe017.jpg


下地がOKになったら、最初はプライマリーレッドを吹きます。今回はガイアカラーをそのまま使いました。
画像を撮り忘れてしまいましたが、その後はHS(HAIR SPRAY) チッピングをするので、ヘアスプレーを全体に吹いてからタミヤアクリルで調合した ダークイエローで基本塗装をします。
wespe018.jpg

Wespeのようなオープントップ車両の場合は戦闘室と車体の2回に分けて塗装をするほうが良さそうなので、まずは戦闘室にチッピングをしてみました。
ですが、アクリルの塗装にいまいち慣れてなくて、ダークイエローの層が厚くなってしまったせいか、なかな上手く剥がれてくれません。
wespe019.jpg

剥がれすぎたところはタッチアップしながら、剥がれないところ(泣)はあきらめてプライマー色をチビチビ塗りながら、それらしく仕上げてみました。
wespe020.jpg

人が触るところや、物が置かれて傷付きそうなところを意識してみましたが・・・ちょっとまとまり感がなかったかもしれません。
反省です。
wespe021.jpg

チッピングの後は同じくタミヤアクリル(グレー系)でドライブラシ、油彩(イエロー系)でウォッシングして落ち着かせています。
wespe022.jpg

wespe023.jpg

wespe024.jpg

戦闘室と10.5cm砲も同じく、人の接する箇所を意識しつつ。なかなか難しいです。
wespe025.jpg

wespe026.jpg

戦闘室の塗装が済んだら、10.5cm砲と戦闘室の装甲板を取り付けます。
砲は完成後に動かすことはないので固定しています。
wespe027.jpg

wespe028.jpg

リヤのハッチは閉めた状態にしました。次は車体の塗装です。
wespe029.jpg
車体は戦闘室とは違った汚れや痛み方をすると思いますので、その辺りを上手く表現できたらいいんですが

Tamiya Wespe その2

メインの10.5cm榴弾砲と戦闘室が乗っかりました。
wespe007.jpg

wespe008.jpg
前回に続いてネットで拾った画像などを頼りに、プラ材やアルミ板などでチマチマとディティールを追加しています。
考証についても確信がなく作っている部分も多々ありますが、そこは雰囲気重視ということで。。。

wespe009.jpg

wespe010.jpg
10.5cm砲はほとんどキットのままです。

wespe011.jpg

wespe011-1.jpg
戦闘室右側面は消火器とMG34(かな?)を車外装備品セットから、用途不明のBOXをプラ板で作成して追加しています。

wespe012.jpg

wespe012-1.jpg
左側面は無線機材が一部しかなかったので、足りない分をプラ板を中心に作成、追加しました。

wespe013.jpg

wespe014.jpg
測量用のポールは塗装の便を考えてアルミパイプに変更しています。
また、模型的遊びとして左フェンダー後部に現地改修の乗降用ステップも追加してみました。

そんなこんなでようやく全体形になってくれました。
Wespeは車体バランスが良いですね。
wespe015.jpg

wespe016.jpg
以上で基本工作は完了です。
後はサフ吹き、表面処理、塗装ですね。
塗装については"Gross Deutschland"の車両写真をネットで見つけたので、それを参考にクルスク戦時をイメージして進める予定ですが、家庭的理由で室内でエアブラシが使えないので必然的に週末青空塗装になってしまいます。
なので更新はちょっと先になるかもしれませんが、自分的にはAFV模型は塗装がキモだと思うのでじっくりやりたいと思います。

Tamiya Wespe その1

ホントに久しぶりの更新になります。。。一時的にお休みしていた模型製作を再開しました。
復帰一作目はタミヤのWespeです。

9月頃から作り始めて、本日時点で車体の基本工作はほぼ完了しています。
wespe001.jpg

アフターパーツで使用したのは、
牽引ケーブル:EUREKAの3号用
履帯:カステンのWespe用(SK-60)
wespe002.jpg

その他、キットで一部不足している装備品はタミヤの車外装備品セットから流用しました。
wespe003.jpg

あとは基本的にプラ板、アルミ板、真鍮板などを使って、気になる箇所をディティールUPしてあげました。
なお、製作にあたって参考とした資料はネットで拾った画像や同車の製作記のみになります。。。ので考証は適当仕様です。
wespe004.jpg

wespe005.jpg

車体自体の大きな修正は一箇所のみです。
起動輪基部を留めるボルトのスペースが無いので、前面装甲板を一旦切り取って角度を変えて再接着しました。
(キットの角度が正しいかどうかは分かりません)
wespe006.jpg

タミヤのWespeは初版が1996年なので、20年近く前のキットになりますがそこはタミヤ。
パーツ同士の合いも良く、ストレスなく組みあがるのでリハビリにはちょうど良いキットです。
次回は砲架と戦闘室になります。

ドーラ再開します

ようやく整理終わりました。作業机もバッチリです。
desk_modelling.jpg
相変わらずのスローペースになると思いますが、ぼちぼち製作再開です。

と、ちょうどいいタイミングで。
48_fw190d11_13_we.jpg
D-11と13のウィークエンドが出たのでゲット。
エデュのドーラ祭りもそろそろお終い、次はフィッシュベット祭りかな?

 | ホーム |  »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。